2018年12月2日(日)

東京荒野×下北沢Laguna presents <荒野のサメ>

@下北沢・Laguna

OPEN 17:30 START 18:00

前売り 2000円(D別) 当日 2500円(D別)

 

出演:

uIIIn

飯田華子

ドントクライベイベー町田

Debbie hemlock

パッションパッションパッション

SHEGULL

(各持ち時間 25分)

 

展示:

Shu

川瀬章裕

 

チケット:

発売日10/20(土)             

ローソンチケット 0570-00-0777  Lコード:70880

Lコード予約 http://l-tike.com

イープラス  http://eee.eplus.co.jp

またはLaguna店頭にて

 

時々寄稿させていただいてる季刊誌「東京荒野」と下北沢のライブハウス「Laguna」の共同イベント。

色々なライブや絵の展示など盛りだくさんです。

「東京荒野」主宰の湯原昌泰さんと私がお会いしたのはこのLagunaでした。

湯原さんは今は小説を書いていますが、当時はギターの弾き語りをされており、「できそこないの季節」という歌がとってもよかったのを覚えています。

ギターも歌も決して「うまい」と言えるものではなかったけれど、夕日の燃えるような美しさ・凶暴さ・それを見る者の焦燥と虚ろを全身で歌っていました。

私と湯原さんは同い年なのですが、このときはお互い27歳で、

「ジミヘンもジャニスもカートコバーンも27歳で死んだ。27歳というのは『夭折』と呼ばれる最後の年齢だと思う」

なんて話をしたように思います。

それから7年経ち、こうしてイベントに呼んでいただけたことをとても嬉しく思います。

34歳の私は、もう絶対に「夭折しなかった人生」です。

 

でもさ、若者の儚さはもちろん美しいけど、熟女の図太さもイカしてるよね★

ということで、イカしたライブができるよう頑張ります!